【症例】インコがうさぎに噛まれたケース|小鳥・犬・猫 動物病院【加藤獣医科医院】

【小鳥・犬・猫】動物病院|加藤獣医科医院
予約可能です。診療スケジュールをご確認の上お電話ください。TEL: 0564-51-4338

5月, 2014年

【症例】インコがうさぎに噛まれたケース

先日、変わった症例がありました。

セキセイインコがウサギに足を噛まれ足を腫らして来院されました。
長い間獣医をやっていますが、初めてのケースです。
ちなみに順調に回復はしています。

家の中で放し飼いの鳥さんは注意しましょう。
ちなみにウサギのケージに止まったところを噛まれたそうです。
皆さんもお気をつけ下さい。


【迷子】オカメインコを探しています!

岡崎市寿町にて、2014年5月19日 17時過ぎに自宅の二階から逃げてしまいました。お心当たりのある方、保護された方、ご連絡ください!
とても心配しています。
少しのことに驚きパニックを起こすので、何とか保護していただきたいです。
(保護して下さった方、お礼いたします)

特徴

種別: オカメインコ
色: ルチノー(うす黄色い体に鮮やかなオレンジ色のほっぺ)
名前: ふーちゃん(本名:フロマージュ)
性別: メス
年齢: 7歳
その他: 「MAL C 5144」と刻印された銀色のリングを右脚に付けています。

連絡は当院までお願い致します。
TEL: 0564-51-5553


ヒナとの遊びすぎに注意してください

皆さん、こんにちは。

最近、小鳥の診察のなかで疲労によって発症している病気が多く感じられます。
特に新しくヒナを購入されて、ものすごく可愛がっている場合など、時間を忘れていつまでも遊んでしまうとヒナが疲れてしまい、立てなくなったり、風邪をひいたりしています。

ちゃんと小屋で休ませる時間を取りながら遊んでくださると、ヒナにとっても良いかなと思います。小屋から出しっぱなしも良くないので注意してください。



小鳥専用ダイヤル:0564-51-5553 一般動物・その他:0564-51-4338

このページの先頭へ